続・エイリフ王国のシーリングスタンプを計画中です!

0 0
マビノギのグッズ
みなさん、こんばんは!

20190909パダルル
今日もパダルルに囲まれる飲んだくれです!

かわいすぎルン!


そういえば今日の台風はすごかったですね。
首都圏では電車が運休で大変だったようで…。

飲んだくれは事務所が近いので通勤の影響とかはないんですけれども、
お仕事してもらっているパートさんには昨日の夜に自由出勤(遅れてもお休みでもOK)という事で連絡しました。

お子さんいると大変ですし、色々どうなるか分からなかったですもんね。。。



さてさて、以前に作りたいと書いてからだいぶ経ってしまったものがこちら、
エイリフ王国のシーリングスタンプを計画中です!

今年の3月4日の記事ですので、計画してから…、実に半年も経ってしまいました…!


半年経っても進まなかったのは、
エイリフ王国の紋章と、
20190304エイリフ王国徽章


エレモンのいる執務室の紋章が
20190304エイリフ王国徽章2

ところどころ違っているので、どちらで作ったらいいのか分からなかったためです。


構成しているチャージ(具象図形)はこれが分かりやすいと思うのですが、
20190304エイリフ王国徽章3
ウロボロス(尻尾を食べてるヘビ)
王冠
太陽
イウェカ
ラデカ
木(大地?)
になります。

ラデカは月と同じように満ち欠けするのですがイウェカはしないので、
三日月の方がラデカになるのですが、
執務室の方は満月状態で、
あとウロボロスではなくてロープのようにも見えます。

二種類あることでどちらが正しいのかな?とずっと悩んでいました。

それで時々調べたりなんだりした結果、どちらも正しいんじゃないかという結論になりました。

自分の中の結論としては、
20190304エイリフ王国徽章
こちらがエイリフ王国(首都タラ)としての紋章で、

20190304エイリフ王国徽章2
こちらが王家(エフル・マククル王家?)の紋章ではないかという考えです。

色々見たのですが、王国の紋章と王家の紋章ってわりと似たモチーフになっている例がありまして、
それに倣ったのではないかという結論です。

例えばウロボロスは宗教的な意味合いもあるので、
王家の方はそれを排除したとか、
三日月のラデカは欠けているから満ちたラデカにしたとか、
もちろんこれは一つの考えで根拠はないですけれども、
どちらの紋章の絵も正しいものではないかという結論になりました。

ということで、執務室の方にある紋章を元にしてのシーリングスタンプを作ろうと思います!

楽天でシーリングスタンプを作ってくれる所があるので、
お得に楽天ポイントで作ってもらおうと思っています(笑)



そういえば紋章についていくつかのサイトや本を見たのですが、
最近買ったこちらの本がよかったです。

西洋の紋章とデザイン
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4804801480/

アマゾンで中古200円くらいだったのですが、お安いのにとても分かりやすかったです。

騎士団の紋章を例にいくつかご紹介してみます。

20190909_アルバン騎士団

エスカッシャン(図形としての盾)のことが書いてあったのですが、
例えばエルベドの紋章はアシンメトリーですが、
アシンメトリーなエスカッシャンは珍しいという事でもないようです。

IMG_3781.jpg
図でいうとGのドイツ型はアシンメトリーです。

ファッションのようなものでデザイナーの好みによって変化するそうでして、
例えばドイツ型だからといってそれがドイツの紋章とも限らなくて、
違う国で流行として取り入れられることもあるので、それだけで国を判別することはできないそうです。

IMG_3782.jpg
イギリスの紋章総覧からとったものをみると、確かにアシンメトリーの物も多かったです。

ただ誤解のないように書きますが、エルベドのエスカッシャンに意味がないのかといいうことではなくて、
デザイナーの人は意味を持たせていると思うのですが、
紋章学的な面からみた場合、どうしてそのような形なのかの答えは出ないというだけです。


あとは彩色にも厳格なルールがあるようですね。

使える色も決まっていて、
金色(もしくは黄色)、銀色(もしくは白色)の金属色と、
赤、青、黒、緑、紫、橙、深紅の原色のみが使われるそうです。

色の意味というのは大きくないようですが、一つの例としては、
緑…愛、銀色…純潔もあるそうなので、わりとエイレルはピーネ感あるなとか思ったりしました。


色の意味は大きくないのですが、彩色には厳格なルールがあるそうです。

もちろんマビノギもそのルールに従う必要はないのですが、
ルールが定められた理由は、戦場で敵味方の紋章での視認のしやすさもあるので、
合理的な理由はあるのかなと思いました。

ルールは金属色の上に金属色を入れない、原色の上に原色を入れないです。

ただ許容される例外もありまして、これもエイレルを例に出しますが、
中央の緑のチャージは黒の上にあるので、原色の上に原色なのでNGになりますが、
緑のチャージが金属色の白にかかっているのでOKということになります。

一応このルールに照らすと、アルサンは赤の上に黒の紋様があるので、
厳密にみるとNGになるのかな…?

でもアルサンの紋章に王冠のチャージがあるというのは興味深いですね。

チャージはわりと自由なようでして、特定の意味を持つものは少ないようですが、
王冠の場合は王、王族、貴族しか許されていなかったそうです。

アルサンに王冠があるという事はシンシエラク家に由来するんじゃないかと思うのですが、
そうなるとG19の時点でルウェリンの登場は予定されていたことになるので、
よくできているなぁと思うばかりです。


騎士団の紋章は実際に過去に似たモチーフがあるのかなとも考えたのですが、
紋章自体に著作権があることを考えると似たものは使えないと思うので、
デザイナーの人が色々考えたのだと思います。           


ということで話がだいぶそれましたが、時々調べたりなんだりして半年経ってしまいましたが、
20190304エイリフ王国徽章2
こちらのシーリングスタンプを作ってみたいと思います!

準備もあるので年内か来年くらい…?の予定です!                         

0Comments

Add your comment