マビノギの聖地巡礼でアイルランドに行ってきました記⑥

0
マビノギ活動日記
みなさん、こんばんは!

アイルランドに行ってきました記の最後の回になります。

今回訪れた主要な所はだいたい記事にしたので、小ネタな感じです!


行ったけれども入れなかった所シリーズ…!

20200301トリム城_002
トリム城です!

20200301トリム城_001
なんと行った日がたまたまお休みで入れませんでした。。。

20200301トリム城_003
ということで看板の絵でお楽しみください(笑)

20200301トリム城_004
トリム城はけっこう大きいんですけれども、襲撃に対して矢を打つスペースが狭くて、
これで防げるのでしょうか…?



20200301クライストチャーチ大聖堂
こちらはダブリン市内にあるクライストチャーチ大聖堂です!

17時前くらいに行ったら閉まっていました。
アイルランドは、冬の時期はお店も含めて閉まるのが早いんです。


20200301レプラホーン博物館
こちらもダブリン市内にあるレプラホーン博物館です!

高度な英語を話せないとダメということで入館を断られてしまいました。
たぶんガイドさんの説明が理解できないと内容が伝わらないためだと思います。

飲んだくれは英語が全くダメですからね…。


ちなみに飲んだくれ流の、英語ができないけれども言いたいことを伝える方法は、
発音とか気にしなくていいので、主要な単語をはっきり言うことだと思いますね!

例えばタクシーを呼んでくださいは英語だと
Could you call taxi for me?
になるのですが、自分の発音だとColud you の部分は伝わっていないと思います。
でもcall taxiの部分ははっきり言えば伝わりますし、むこうもOKって言ってすぐに対応してくれました。

食事とかならメニューをもらって、指をさしながらthis one pleaseで十分です。

本当に行きたいと思ったら、外国語ができるかどうかは関係ないと思いますね。

とはいいつつも、現地のバスツアーは英語ができないと理解するのが難しいので、
お値段は高いですが日本語のツアーにすればよかったと思いました。。。


そういえば冬のアイルランドは太陽の出ている時間が短いです。

20200301ダブリンの朝
これは夜に撮影したのではなくて、朝の7時なんです!

8時くらいになるとやっと日が出て、17時くらいにはもう暗くなっちゃいます。


あとはアイルランドは治安が良かったですね。
スリや置引きはどの国でも気をつけるべきですが、それ以外はのどかな感じでした。


20200301食事_003-2
料理はどれも美味しくて、これはビーフシチューです。

参加したツアーの中に日本人の方がいて声をかけてくださり、
一緒にご飯を食べてきました。

これで13ユーロくらいなので、だいたい1600円くらいだと思います。

20200301食事_003-1
あとは野菜が美味しかったです!

あまりお腹がすいていない時にはコンビニのサラダやフルーツだけですましたこともあったのですが、
でもそれも美味しかったです。


20200301食事_003
有名なフィッシュ&チップスも食べました!

初めて食べたのですが、とても美味しかったです!
でも量がすごくて、全部は厳しかったです(笑)

20200301食事_004
あとはアイリッシュコーヒーも飲みました。

コーヒーにアイリッシュウィスキーを入れて、生クリームをのせたものです。


20200301ギネス
あとは、ギネスが美味しかったです!!

あとあと写真を撮り忘れちゃったのですが、スミズィック(Smithwich)というエールビールがありまして、
それのブロンドエールがとても美味しかったです。
日本で売っているところを見つけられなかったのが残念です。


今回、日本から持って行ってよかったなと思ったのは、
20200301食事_005
お椀で食べるどん兵衛です…!

日本食が恋しくなったというよりは、食べてほっとしたところが大きいです。
慣れない海外なので、やっぱり緊張しているんでしょうね。


現地でのスマホの回線ですが、O2という会社の30日間6GBのSIMを使いました。
20200303SIM.jpg
イギリスもアイルランドもほとんどの場所で十分な回線速度でした。

このSIMはアマゾンで購入したのですが、出発1週間くらい前までに日本で1度SIMを入れ替えて
開通日などの手続きをする必要があります。

現地ではSIMを交換しただけですぐに使えました。


その他雑多な感じでお伝えしますと、
・水道水が飲める(ただし硬水です)

・外食は日本よりも高い。ビールも安いわけではない。

・コンビニがあるので便利。カップラーメンも売ってます。
でも箸はもちろん、フォークとかも付けてくれないので持参した方がいいです。

・市街地は別として、英語の訛りが強い人もいる。
1個も単語が聞き取れませんでした(笑)

・タクシー以外はほぼクレジットカード。

・チップはタクシーとレストランくらい。
タクシーは小銭のおつりをチップとして渡すくらいです。
レストランでチップを払ったのは、レシートにチップは含まれていないと記載のあった1店舗だけで、
5ユーロくらい上乗せで払いました。
元々はチップの文化が無かったらしくて、そこまで神経質にならなくてもいいかなと思いました。


20200301テンプルバー
そういえばアイルランドはパブが有名で、テンプルバーというパブが並んだ通りがあります。

飲んだくれ、意外にもパブには1度も行かずに終わりました…!
クラファンで使っちゃった分の節約です(笑)


そんな感じで5泊6日の滞在も終わりまして、いよいよ帰国となります。

帰国の便は朝7時発だったので、朝の4時半にホテルをチェックアウトしました。

20200301帰国
エレモン陛下と日本に帰国します!!!


20200301ダブリン_ラウンジ
荷物検査が終わったら、ラウンジで朝ごはんを食べました。

アイルランドのパンは美味しかったのですが、写真右上のチャウダーは味が無くて残しちゃいました…。

これがアイルランドで食べたものの中で、唯一口に合いませんでした。。。


ヒースロー空港では5時間待ちだったので、お土産を買ったりぶらぶらして、
あとはラウンジで過ごしていました。

20200301ヒースロー空港_ラウンジ
このベーコンがちょっと塩はきついですがすごい美味しかったです!!


トランジットで航空会社を変えたくなかったので、帰国便はブリティッシュエアウェイズ(BA)を使いました。
20200301BAプレエコ_001
席はプレミアムエコノミーです。

長距離のフライトは今回の旅行が初めてだったので、復路はお試しでプレエコの席にしてみました。

プレエコの場合は、
・足元が広い
・リクライニングがより倒せる
・食事がエコノミーよりもいい
・ちょっと優先搭乗、荷物が出るのがちょっと早い
などなどの利点があります。

自分の身長は175cmくらいなのですが、足元の広さは十分でした。

20200301BAプレエコ_002
ウェルカムドリンクでシャンパンをもらいました。

客室乗務員は1人だけ日本人で、あとはイギリス人だったのかな?
接客はとてもよかったです。


20200301BAプレエコ_003
こちらが機内食1回目。

サラダとひよこ豆、メインはタラのトマトチリサルサソース、デザートにケーキでした。

20200301BAプレエコ_004
こちらが機内食2回目です。

チェダーチーズのオムレツとパン、デザートのヨーグルトでした。

どちらもちょっと重かったですが、美味しくて全部いただきました!


でも長距離便や深夜便のような、途中で寝る必要のあるフライトは、
座席がフルフラットにならないときつかったですね…。

ちなみに今回は帰国日に嵐が来ていて、出発が1時間くらい遅れてしまいました。
でも風が強かったおかげで速度が出たらしく、到着は10分遅れでした(笑)

途中けっこう揺れた時もありましたヨ…。


ということで、大きなトラブルもなく無事行ってこれてよかったです!

これをもちまして、今回のアイルランドに行ってきました記は終わりになります。
(たまに聞かれるので、別でマイルとかの記事を公開しました。
マビノギとは関係ないですが、飲んだくれがいかに安く海外に行っているのか、興味のある方がいましたら…)


ケルト神話に関係するところってまだまだいっぱいあるので、
アイルランドにまた行くのもいいなって思っています。

でも点在していて移動に時間が多くかかってしまうこともありまして、
次回はG16のマクベス関係でイギリスを見て回るのもいいかなと思っています!
イギリスなら、C6関係でアーサー王とかアヴァロン説のある所をまわるのもいいですね!


また色々行くかもしれないので、もしあれば次回の行ってきました記にご期待ください…!

読んでいただいてありがとうございました!!!

0Comments

Add your comment