マビノギ飲んだ暮れ日記

お酒とマビノギとエレモンをこよなく愛する人のブログ!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

退職願を出してみた

先日の日記にも書きましたとおり、大学院の合格も決まっていない状況でしたが、退職願を出しました。

来月末での退職になります。


しかし、うちの上司に退職したい旨をまず口頭で伝えた時なんですが、えらくあっさりと、

分かった

の一言だけでした。

本気にされてないんじゃないかと心配になり、急いで退職願を提出したわけです。



合格が決まる前に退職を決めてしまうのは、リスクがすごく大きいです。

進学先が決まらなければ、収入源を失うわけですから。

ただ、今年、万が一進学先が決まらなくても、法律を勉強して来年の法科大学院の既習者コースを目指すことも可能であるので、卒業時の年齢は変わらない事。(既習者コースは2年、未修者コースは3年)

自分の年齢的なことを考えても、まだ転職が可能である事。

と考えて、退職を決めました。


逆に、メリットとしては

会社を定時でソッコー帰っても文句言われないので、勉強時間が取れる。

仕事内容も引継ぎがメインになるため、家に帰ってからも仕事のことで悩まなくて良いので、勉強に集中できる。

当初の予定では、退職時期は最も早く進学先が決まったとしても10月だったため、9月で進学先が決まればその予定よりも早く退職できるため、司法試験の勉強により時間が割ける。

という感じです。


とはいえ、以前よりもさらに背水の陣となりました。

しっかり勉強して合格を決めて、突破口を開いていきたいと思います。



ああ、デメリットが1個ありました。

退職を伝えた事により、飲み会のお誘いが増えましたが、試験が終わるまで全て断っている事のストレス!

時間よ早く過ぎろ



スポンサーサイト
【 2008/08/07 (Thu) 】 未分類 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

退職願・退職届・辞表の書き方
退職願・退職届・辞表の書き方やそれぞれの違いについて解説しています。その他、失業保険や退職金に関する情報など、退職時のお役立ち情報を提供しています。
退職願・退職届・辞表の書き方
退職願・退職届・辞表の書き方やそれぞれの違いについて解説しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。