G25の1部の事を書くよ飲んだくれ③(めちゃめちゃネタバレ注意)

0
マビノギ活動日記(サンブーカ)
前回の続きです!

①はコチラ→G25の1部の事を書くよ飲んだくれ①
②はコチラ→G25の1部の事を書くよ飲んだくれ②

20201227G25_001.png
ZERO英雄のところに合流してみると、ベルファストでは亀裂の現れる周期が短くなり、さらにどんどん大きくなってきているそうです。

20201227G25_002.png
バレスやフィリアと比べてベルファストのほうがひどいようです。

20201227G25_003.png
この辺についての明確な回答は1部の時点ではないように思えます。
ただ2つの場所を繋げることについては、この後で出てきます。
ベルファストで頻発している理由はちょっとわかりませんでした。


20201227G25_004.png
ここでエンヤがマーリンのイヤリングに反応しています。
これもここまでのメインストリームで取り上げられたことはなかったと思いますので、2部の伏線かな?と思っています。


20201227G25_005.png
その後、ベルファストでまた亀裂が発生しますが、この時は吸い込む力が強く兵士が1人吸い込まれてしまいました。
兵士の安否は書かれていません。

20201227G25_006.png
亀裂が消えたと思ったら、アリアとエアレンが出てきました。

20201227G25_007.png


20201227G25_015.png
多分この時のもので、峡谷とベルファストを繋いで、その後ファリアスを繋いだことによると思います。


20201227G25_008.png
エンヤの目がかつては見えなかったこと、ライミラクの祝福により見えるようになったことが確定しました。


20201227G25_009.png
その後、ミルオールからの手紙によりフィリアに向かいます。
ミレシアンがフィリアを訪れた時の亀裂に、実は幼いエルフが落ちてしまっていたとのこと。
新たな亀裂が出現すれば戻ってくるかもとの願いもむなしく、戻ってこなかったためミレシアンたちに捜索を依頼することになりました。

20201227G25_010.png
亀裂が小さくなってきているとのことですが、これはカルー森のほうでケフレーンが亀裂を閉じようとしていたためと思われます。


20201227G25_014.png
幼いエルフが無事戻ってきたものの、何日も飲まず食わずだったのに無事なことに疑問を持っています。


20201227G25_011.png
ここからはちょっとややこしいので時系列の順番ではないSSが続きますが、おそらく時間を止めていたことによるものと思われます。
1部のラストの戦闘でも時間が止められていましたが、ここでその実験が行われていました。

時間の流れがせき止められていたタイミングですが、
①子供が落ちたカルー森でケフレーンが実験をしていたとき
この空間だけ時間が止めらていたが、まわりでは時間が流れていたので数日の行方不明となった


20201227G25_013.png
②Jとハンターが戦っているときはその空間で時間が止められていたが、まわりでは時間が流れていたためJからみてマーリンがすぐに合流したようにみえた

③ミレシアンたちが峡谷の亀裂を消滅させた後、ベルファストに戻ったらJとマーリンが戻ってきたところだったが、Jとマーリンのいた空間は時間が止められていたので、Jとマーリンからするとすぐに戻ってきたようにみえるが周りからすると時間が経過していた。


これが理由ではないのかなと思います。
詳しくは書かれていないので実際がどうなのかはわかりませんが、時間の流れをせき止めるということと、時系列を整理すると2つの空間で時間が止められていたため、まわりから見ると時間がおかしく見えていたのではないかと思います。


20201227G25_012.png
ここでの時間の流れをせき止めておく材料というのはトレジャーハンターのことでしょう。

この間のは、フォドラーがほんの少し残したものでできたということなので、やはり1度時間の流れを止めていることは確定だと思います。

20201227G25_023.png
黒き月の教団は神の力を使い空間をつなげていること。他にも時間の流れにも逆らっていること。


20201227G25_024.png
もしかしたら亀裂を通過する時間を歪ませているということでした。

この辺りは自分が整理してみましたが、ちょっと納得のいっていない部分もあるので、2部を待ちたいと思います。

20201227G25_015.png
それとこの部分もよくわからなくて、交互につなぐ意味は何があるんだろう?と疑問です。


20201227G25_016.png
街からみえなかったのは、峡谷とファリアスがつながっていたから?ではないかと思います。

20201227G25_017.png
これはベインが残した欠片を使ったところです。
存在が知れ渡ったことで危うくなった → 代償に存在した記憶があったため効果が弱まった?
一つの夜に値するもの → 前回のG24のラストのボスの事?


20201227G25_018.png
そしてこちらは峡谷の亀裂に入ったところの記録です。
亀裂の記録はつないだ場所のものという記載がこれまでにあったので、やはり峡谷とファリアスはつながっていたのではないかと思います。

20201227G25_019.png
アイバとクェーサルの心臓との会話です。
内容的に、G24でトレジャーハンターがクェーサルの心臓に襲撃を受けた理由について語られている部分でしょう。
あの時は急な襲撃だったなと思いましたが、トレジャーハンターの血が使われるくらいなら、自分が殺してしまおうとの考えに至ったようです。


20201227G25_020.png
ここでアイバが言っている異なる器とは、タニリエムのことだと思われます。
元々はピルアンがその器として用意されていました。
ピルアンは器になるために感情など色々なものを空にされたとあったと思います。
思い返してみると、これまでのタニリエムもだんだんと感情などがなくなっていき器としての準備をされていたのだなと。


20201227G25_021.png
ファリアスの記録をみて倒れたミレシアンのところにそっとトルヴィッシュが助けに来ます。
歪んだ空間だから大丈夫だろうとのことですが、やはりトルヴィッシュが直接かかわると歪みへの影響が大きくなるんだと思います。
あらためて考えるとトルヴィッシュの存在ってどのような位置づけなんでしょうね?
異神化というと齟齬がありますし、半神化といっても直接の記述がないですし、実は本来の姿なのかといってもそれも記述がないのでなんともです。
主神の剣ということで高位の存在だとは思うのですが、この辺りの位置づけも2部で明らかになるのかもしれませんね。


20201227G25_022.png
そしてトレジャーハンターが捕まった経緯も明らかになり、

20201227G25_025.png
アヴァロンでも何度か亀裂が発生した後ぱったりとやみ、痕跡を調べてみると神聖力に似た力が感じられたことから騎士団も正式に調査に入ることとなりました。


ということでいよいよ1部のクライマックスに続くことになります。
次回の更新は年明けの予定です!